読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

『イザベルに ある曼荼羅』アントニオ・タブッキ

死とは曲がり道なのです、死ぬことはみえなくなるだけのことなのです。 アントニオ・タブッキ『イザベルに ある曼荼羅』 さいなむ悔恨 この世で生きることはあみだくじのようなもので、わたしたちはおびただしい選択をくりかえしながら、人生という不可逆の…

『デカメロン』ジョヴァンニ・ボッカッチョ

この世の中では、誰でもとれるだけとっておくのがよろしい、ことに女の場合はそうですよ。女は使えるあいだに、男よりも時間を有効に使わねばなりません。——ジョヴァンニ・ボッカッチョ『デカメロン』 私は恋愛の経験なしには、いかなる人間も特や情をもつこ…

『ウンベルト・サバ詩集』ウンベルト・サバ

このことを措いてほかには なにひとつ愛せず、わたしには なにひとつできない。 痛みに満ちた人生で、 これだけが逃げ道だ。――ウンベルト・サバ「詩人 カンツォネッタ」 坂の上のパイプ 数年ぶりにもういちどサバの詩集を読みかえしたとき、ふせんをつけたペ…

『他人まかせの自伝――あとづけの詩学』アントニオ・タブッキ

運転手は親切に聞いてくれました。どちらへお連れしましょうか。ある物語から抜け出したいのです。わたしは混乱しつつ、つぶやきました。行き先はどこでもいい、物語から逃げ出す手助けをしていただければ。わたしが作りだした物語ですが、今はそこから抜け…

『遠い水平線』アントニオ・タブッキ

「どうして、彼のことを知りたいのですか」 「むこうは死んだのに、こっちは生きてるからです」——アントニオ・タブッキ『遠い水平線』 目の中に水平線 見知らぬ人が死んでいる。今もどこかで、近くの路地で、遠い部屋の片隅で。だが、死はふだんの生活からは…

『木のぼり男爵』イタロ・カルヴィーノ

[ひとりぼっちの王国] Italo Calvino Il Barone Rampante,1957. 木のぼり男爵 (白水Uブックス)作者: イタロカルヴィーノ,Italo Calvino,米川良夫出版社/メーカー: 白水社発売日: 1995/08メディア: 新書購入: 3人 クリック: 17回この商品を含むブログ (31件…

『レクイエム』 アントニオ・タブッキ

[これもまた追憶] Antonio Tabucchi,Recuiem,1992. レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)作者: アントニオタブッキ,Antonio Tabucchi,鈴木昭裕出版社/メーカー: 白水社発売日: 1999/07メディア: 新書購入: 2人 クリック: 73回この商品を含むブログ (23…

『島とクジラと女をめぐる断片』アントニオ・タブッキ

[難破船のような物語の断片] Antonio Tabucchi Donna di Porto Pim,1983. 島とクジラと女をめぐる断片作者: アントニオ・タブッキ,須賀敦子出版社/メーカー: 青土社発売日: 2009/12/24メディア: 単行本 クリック: 17回この商品を含むブログ (7件) を見る …

『カフカの父親』トンマーゾ・ランドルフィ

[エキセントリックな想像力] Tommaso Landolfi Il Babbo Di Kafka E Altri Racconti ,1930-46. カフカの父親 (文学の冒険シリーズ)作者: トンマーゾランドルフィ,Tommaso Landolfi,米川良夫,柱本元彦,和田忠彦出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 1996/05…

『インド夜想曲』アントニオ・タブッキ

[合わせ鏡の旅] Antonio Tabucchi Notturno Indiano , 1984.インド夜想曲作者: アントニオタブッキ,アントニオ・タブッキ,須賀敦子出版社/メーカー: 白水社発売日: 1991/01メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログ (21件) を見る 「あなたの本…

『神を見た犬』ディーノ・ブッツァーティ

[不安と恐怖の種] Dino Buzzati IL COLOMBRE E ALTRI RACCONTI , 1966.神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)作者: ディーノブッツァーティ,関口英子出版社/メーカー: 光文社発売日: 2007/04/12メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 77回この商品を含むブログ (91件…

『天使の蝶』プリーモ・レーヴィ

[自然界に人間] Primo Levi STORIE NATURALI ,1966. 天使の蝶 (光文社古典新訳文庫)作者: プリーモレーヴィ,Primo Levi,関口英子出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/09/09メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 74回この商品を含むブログ (38件) を見る イタ…

『宿命の交わる城』イタロ・カルヴィーノ

[文字以外で語る] Italo Calvino Il Castello Dei Destini Incrociati , 1973. 宿命の交わる城 (河出文庫)作者: イタロ・カルヴィーノ,河島英昭出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2004/01/07メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 408回この商品を含むブロ…

『タタール人の砂漠』ディーノ・ブッツァーティ

[待てど待てど] Dino Buzzati IL DESERTO DEI TARTARI ,1940.タタール人の砂漠 (岩波文庫)作者: ブッツァーティ,脇功出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2013/04/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (24件) を見るタタール人の砂漠 (イタリア叢書)作者: デ…

『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ

[物語の迷宮] Umberto Eco Il Nome della Rosa,1980. 薔薇の名前〈上〉作者: ウンベルトエーコ,河島英昭出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1990/02メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 181回この商品を含むブログ (166件) を見る 薔薇の名前〈下〉作者…

『供述によるとペレイラは・・・』アントニオ・タブッキ

[渦の真ん中に立つ] Antonio Tabucchi SOSRIENE PEREIRA. UNA TERTMONIANZA , 1994.供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)作者: アントニオタブッキ,Antonio Tabucchi,須賀敦子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2000/08メディア: 新書購入:…

『猫とともに去りぬ』ロダーリ

[誰もつっこまない] Gianni Rodari Novelle fatte a macchina ,1994. 猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)作者: ジャンニロダーリ,関口英子出版社/メーカー: 光文社発売日: 2006/09/07メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 26回この商品を含むブログ (58件)…