ボヘミアの海岸線 - 海外文学の感想

海外文学/世界文学/ガイブンの書評と感想ブログ。昔の名は「キリキリソテーにうってつけの日」

チェコ文学

『火葬人』ラジスラフ・フクス

「あいつはどうかしている。いつもこうなんだ。大虐殺の現場に連れていかれるとでも思っているんだ……」 ——ラジスラフ・フクス『火葬人』 ホロコーストという“慈善” 心電図が停止しながらも生きている人間は、じつはけっこういるのかもしれない。心臓は動いて…

『厳重に監視された列車』ボフミル・フラバル

じいさんは真向からひるまず戦車に向って進んで行き、両手を一杯に延ばし、両の眼でドイツ兵たちに念力を注ぎ込んでいた……「ぐるっとまわって帰っていけ……」すると本当に先頭の戦車が停止し、全軍団がその場に立往生した、じいさんは先頭の戦車に指をふれ、…

『ゴーレム』グスタフ・マイリンク

[さまよう路地裏] Gustav Meyrink Der Golem,1916.ゴーレム (白水Uブックス 190)作者: グスタフマイリンク,今村孝出版社/メーカー: 白水社発売日: 2014/03/12メディア: 新書この商品を含むブログ (11件) を見る 「ぼくらは単純に自分の自由意思で行動して…

『わたしは英国王に給仕した』ボフミル・フラバル

[わたしは給仕した] Bohumil Hrabal Obsluhoval Jsem Anglickeho Krale,1971.わたしは英国王に給仕した (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集)作者: ボフミル・フラバル,阿部賢一出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2010/10/09メディア: 単行本購入:…

『可笑しい愛』ミラン・クンデラ

[笑えない悲しみ] Milan Kundera Risibles Amours,1968.可笑しい愛 (集英社文庫)作者: ミランクンデラ,Milan Kundera,西永良成出版社/メーカー: 集英社発売日: 2003/09メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 29回この商品を含むブログ (17件) を見る 私たちは目…

『あまりにも騒がしい孤独』ボフミル・ フラバル

[笑う不条理] Bohumil Hrabal Příliš hlučná samota ,1977.あまりにも騒がしい孤独 (東欧の想像力 2)作者: ボフミル・フラバル,石川達夫出版社/メーカー: 松籟社発売日: 2007/12/14メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 103回この商品を含むブログ (49件) …

なにかがおかしいはずなのに|『審判』フランツ・カフカ

[なにかがおかしいはずなのに] Franz Kafka DER PROZEß ,1925.審判―カフカ・コレクション (白水uブックス)作者: フランツカフカ,Franz Kafka,池内紀出版社/メーカー: 白水社発売日: 2006/05/01メディア: 新書 クリック: 21回この商品を含むブログ (36件) を…

『変身』フランツ・カフカ

[なにかが、ずれている] Franz Kafka DIE VERWANDLUNG , 1915.変身 (新潮文庫)作者: フランツ・カフカ,Franz Kafka,高橋義孝出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1952/07/28メディア: 文庫購入: 18人 クリック: 359回この商品を含むブログ (358件) を見る ある朝…