ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの感想・書評ブログ。

ハンガリー文学

『夜』エリ・ヴィーゼル|日常の底が抜ける時

「黄色い星ですって。なんですか、そんなもの。それで死んだりはしませんよ……」 ーーエリ・ヴィーゼル『夜』 歴史を振り返るにつけ、生活が根こそぎ変わってしまう激震は、巨大な隕石が落ちるようにまったく突然にやってくるものと、水温が上がるようにじわ…

『昨日』アゴタ・クリストフ

[亡命者の言葉] Agota Kristof Hier ,1995.昨日 (ハヤカワepi文庫)作者: アゴタクリストフ,Agota Kristof,堀茂樹出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/05/01メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 45回この商品を含むブログ (28件) を見る そこにあったのは…

『エペペ』カリンティ・フェレンツ

[エペペペペ] Karinthy Ferenc EPEPE, 1970.エペペ作者: カリンティ・フェレンツ,池田雅之出版社/メーカー: 恒文社発売日: 1978/12メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログ (16件) を見る 遅かれ早かれ、人はみなこの地に辿り着かねばならない…

『悪童日記』アゴタ・クリストフ

Agota Kristof LE GRAND CAHIER 1986.悪童日記 (ハヤカワepi文庫)作者: アゴタクリストフ,Agota Kristof,堀茂樹出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2001/05/01メディア: 文庫購入: 100人 クリック: 3,630回この商品を含むブログ (276件) を見る ハンガリーの…