ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの感想・書評ブログ。

ベルギー文学

『死都ブリュージュ』ジョルジュ・ローデンバック|町と自分と彼女の区別がつかない

彼女は彼にとって、生きうつしの、明確な姿をした思い出だった。 ——ジョルジュ・ローデンバック『死都ブリュージュ』 町と自分と彼女の区別がつかない ベルギーの画家フェルナン・クノップフによる『見捨てられた町』*1を見たとき、なんて幻想文学の表紙にう…