ボヘミアの海岸線 - 海外文学の感想

海外文学/世界文学/ガイブンの書評と感想ブログ。昔の名は「キリキリソテーにうってつけの日」

インド文学

『マハーバーラタ ナラ王物語―ダマヤンティー姫の数奇な生涯』

「ナラ王様が苦難に陥り、不幸になった呪いの張本人、そ奴に、わたくしどもの不幸よりもっと大きな不幸でも起こればよい。邪心のないナラ王様を悪人めがこうしてしまった。ナラ王様のよりもっと大きな不幸に見舞われて、不仕合わせな生涯を送るがよい」 そし…

『迷い鳥』ロビンドロナト・タゴール

[静寂の言葉] Rabindranath Tagore রবীন্দ্রনাথ ঠাকুর Stray Birds,1916.迷い鳥作者: ロビンドロナト・タゴール,Rabindranath Tagore,川名澄出版社/メーカー: 風媒社発売日: 2009/07/07メディア: 単行本 クリック: 20回この商品を含むブログ (3件) を見る ア…

『グローバリズム出づる処の殺人者より』アラヴィンド・アディガ

[とんだお笑いぐさだ!] Aravind Adiga The White Tiger ,2008.グローバリズム出づる処の殺人者より作者: アラヴィンドアディガ,Aravind Adiga,鈴木恵出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 32回この商品を含むブロ…

『停電の夜に』ジュンパ・ラヒリ

[人の心の距離の近さ、遠さ] Jhumpa Lahiri INTERPRETPR OF MALADIES , 1999.停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)作者: ジュンパラヒリ,Jhumpa Lahiri,小川高義出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/08/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 42回この商品…