ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの感想・書評ブログ。

社会学

『錬金術の秘密』ローレンス・M・プリンチーペ|現代科学の目で見る錬金術

ほとんどの読者は、頻繁になされる以下の主張を知っているだろうーー錬金術は根本的に科学とは異なり、心霊的な営みで行為者の自己変容をもたらす。錬金術は妖術に似ている、あるいは詐欺でしかない、云々。 ーーローレンス・M・プリンチーペ『錬金術の秘密…

『生物学と個人崇拝』ジョレス・メドヴェージェフ|国ぐるみで疑似科学を礼賛したカルト国家

「あなたはなぜダーウィンについて語り、なぜマルクスとエンゲルスから例を挙げないのか? マルクス主義とは唯一の科学である。ダーウィニズムは一部にすぎない。真の世界認識論をもたらしたのはマルクス、エンゲルス、レーニンなのだ。 ーージョレス・メド…