ボヘミアの海岸線

海外文学を読んで感想を書くブログ

2008-12-07から1日間の記事一覧

『あまりにも騒がしい孤独』ボフミル・ フラバル|笑う不条理

人間、追いつめられてぎりぎりになった状態でも、最後まで執着するものがあるという。食事の話題、美しさ、そしてユーモアだ。 ナチスの絶滅収容所から生き延びた心理学者、V.E.フランクルの著書『夜と霧』で、こんなことが書いてあったことを思い出す。どん…