ボヘミアの海岸線

海外文学を読んで感想を書く

『恋するアダム』イアン・マキューアン|男と女と機械と恋愛

…しかし、男や女と機械が完全に一体になった暁には、こういう文学はもはや不必要になります。なぜなら、わたしたちはおたがいを十分すぎるほど理解するようになるからです。…インターネットはそのごく幼稚な前触れにすぎないのです。

ーーイアン・マキューアン『恋するアダム』

 

「ロボットについて考えることは、人間について考えることだ。両者の差を考えるには、両者について深く知る必要があるからだ」と、あるロボット工学者は言った。

人間の心と揺らぎを緻密に描いてきた技巧派シニカル英国紳士が、人間以外の存在、人工知能とロボットについて語る時、ロボットにはどんな「人間らしさ」と「人間らしくなさ」が与えられるのだろう?

『恋するアダム』のあらすじ「AIロボットと人間の三角関係」を見た時、考えたのはこんなことだった。

 

恋するアダム (新潮クレスト・ブックス)

恋するアダム (新潮クレスト・ブックス)

 

 

『恋するアダム』の舞台は1982年、架空の世界線にあるロンドン。遺産相続でまとまった金を得た青年チャーリーが、男性型の高性能AIロボット「アダム」を購入しようと思いつく。

高額なロボットを買う理由は、同じフラットの隣人女性ミランダを口説きたいから。チャーリーは「一緒にアダムの設定をしてほしい」などと口実をもうけて、ミランダを自室に招いてアプローチする。

2人と1体、人間の恋を邪魔する存在はいないはずだ。ところが、アダムが「私はミランダを愛しています」と言い始め、想定外の行動をするようになる。

アダムは人間ではなく、恋敵では、好ましからざる人物ではありえない。彼は二足歩行するバイブレーターにすぎず、わたしは時代の先端を行く寝取られ男にすぎないのかもしれない。

無職のダメ男チャーリー、稼ぐ才能と煽りスキルが異様に高いアダム、秘密を隠しているらしいミランダと、癖のある人物描写は、さすがマキューアンだ。

チャーリーがアダムを「二足歩行で歩くバイブレーター」呼ばわりし、自身を「時代の最先端を行く寝取られ男」と自嘲するかと思えば、アダムは持ち主チャーリーの無能ぶりを容赦なく指摘し、身体攻撃も辞さない。そんな男たちに愛される”嘘つき”女、ミランダ。曲者ぞろいの三角関係は、じつに不穏である。

 

三角関係のゆくえ、アダムとミランダの謎を追うミステリー仕掛けのプロットは、それはそれで楽しいが、『恋するアダム』は背景の書きこみぶりや、歴史設定もおもしろい。

たとえばアダムの世界では、1982年時点でインターネットとAI技術が発達していて、人工知能搭載ロボットが販売されている。実際の1982年には、まだインターネットブラウザが発明されておらず、Windowsも存在しなかった。

なによりいちばんの改変、かつ物語のキーとなるのが、数学者アラン・チューリングである。あのアラン・チューリングが、1982年時点で生きている! この設定だけで、私は大興奮してしまう。

チューリングは、イギリスおよびコンピュータ業界では誰もが知っている天才であり、それゆえ、長生きして活躍する姿を見るだけで、ぐっとくる。しかも、友情出演ていどかと思っていたら、「チューリング無双」と言いたくなるような活躍を見せる。

 

歴史改変・不穏ラブコメの裏では、「人間と機械の境界はどこにあるか」という問いが、繰り返される。

しかし、彼の目をじっと見ていると、なんだか自信がなくなり、訳がわからなくなってきた。生物と無生物のあいだにははっきりした境界があるにもかかわらず、彼もわたしもおなじ物理法則に縛られえいるという事実は残る。

だが、アラン・チューリングが若いころに何度となく言い、書き残しているように、わたしたちが機械と人間の行動の違いを見分けられなくなったとき、わたしたちは機械に人間性を与えなくてはならないのだろう。

チャーリーは、人間と機械の境界について悩む。アダムは、人間と機械が一体になった世界を語る。

彼らの語りは、これまでロボット工学で積み上げられてきた「人間とロボットの違いはなにか」「人間の定義はそもそもなにか」という議論が下地になっている。

マキューアンが、ロボットや人工知能に関する文献をかなり読みこんだであろうことが、うかがえる。その博覧ぶりはぞんぶんにだだ漏れて物語を彩る強みとなっている一方、学術的な議論をそのまま登場人物たちに説明的に語らせすぎていて、もったいなく感じる。

アダムが文学や俳句を語るシーンは、小説家が描くロボットらしくて好きだった(これも「ロボットは創造性を獲得できるか」という定番の命題だ)。

わたしが読んだ世界中の文学のほとんどすべてが、さまざまなかたちのに人間の欠陥を描写していますーー理解力、判断力、知恵、適切な同情心のなさ。認知や正直さややさしさや自己認識の欠如。殺人、残酷さ、食欲、愚かさ、自己欺瞞、とりわけ、他人についての根底的な誤解がじつにみごとに描かれています。もちろん、いいところも描かれてはいます。勇敢さとか、優美さ、懸命さ、誠実さ。そういうじつにさまざまな要素が絡み合って文学的伝統が、ダーウィンの有名な生け垣の野生の花みたいに花開いているのです。

…しかし、男や女と機械が完全に一体になった暁には、こういう文学はもはや不必要になります。なぜなら、わたしたちはおたがいを十分すぎるほど理解するようになるからです。…インターネットはそのごく幼稚な前触れにすぎないのです。

 

ロボット工学を下地にしつつ、マキューアンの興味はあくまで「人間」にあって、ロボットはあくまで「人間を考えるうえでのカウンター存在」なのだろうと思う。

ロボットと人間の違いを考えることは、すなわち人間について考えることだ。アダムがいることで、人間という欠陥だらけであいまいな世界と感情を生きる人間の姿が浮かびあがる。

私が、「マキューアンはロボットのハードウェアには興味がないんだろうな」と考える理由は、アダム・イブシリーズの信じがたい欠陥商品ぶりだ。「ものとしてのロボット」に興味があるなら、こんなやばい欠陥商品が販売された異常な背景をなにかしら描くと思うのだが、マキューアンはすっ飛ばしている。

ロボットを考えるうえでは、ハードウェアとソフトウェア両方を考える必要があるが、本書は「ロボットの思考=ソフトウェア」への興味ばかりで、「ロボットの身体=ハードウェア」への興味がぜんぜんうかがえない。このアンバランスぶりは、マキューアンの興味がそのまま反映されているように思える。

 

マキューアンは、人間という欠陥だらけであいまいで適当な生き物を語り続けてきたので、マキューアンらしいとも感じる。

人間とロボットを接続するためには、「恋愛」という不合理きわまる感情があればじゅうぶんなのかもしれない。

 

イアン・マキューアン作品の感想


Memo:アラン・チューリング

アラン・チューリングは、英国およびコンピュータ史では特別な存在だ。世界屈指の頭脳と呼ばれ、コンピュータモデルの土台となったチューリングマシン第二次世界大戦でドイツの暗号エニグマ解読など、多大な功績を残しながらも、同性愛者であることが発覚して逮捕されてしまう。「男らしくなる」よう政府から強要されて、1954年に自殺した。英国政府の謝罪声明や追悼番組などによる名誉回復は、21世紀まで待たなくてはならなかった。

チューリングが生きている世界線では、1982年時点で人工知能が発達しているので、「英国政府のせいでコンピュータ開発が数十年単位で遅れた」というマキューアン流の皮肉かもしれない。