ボヘミアの海岸線

海外文学を読んで感想を書くブログ

2020-04-10から1日間の記事一覧

『十二月の十日』ジョージ・ソーンダーズ|ポップで過酷な選択の岐路

あれは今まで食らったいろんなヤキの中でも最大級にきついヤキだった。最近じゃもう、加速度的にきつさを増すヤキ入れられの連続こそが自分の人生なんじゃないかと思えてくるほどだ。 ーージョージ・ソーンダーズ「アル・ルーステン」 この短編集には、「選…