キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

カナダ文学

『侍女の物語』マーガレット・アトウッド

わたしたちは二本の脚を持った子宮にすぎない。聖なる器。歩く聖杯。−−マーガレット・アトウッド『侍女の物語』 女は男の所有物 2017年、Huluがディストピア小説『侍女の物語』をドラマ化して人気を博しているという。トランプ政権になって『1984年』ととも…

『彼方なる歌に耳を澄ませよ』アリステア・マクラウド

山々はわれらをわかち、茫漠たる海はわれらを隔てる――それでもなお血は強し、心はハイランド。 ――アリステア・マクラウド『彼方なる歌に耳を澄ませよ』 血は水よりも濃い スコットランド人に会ったら、まず言われること。イングランドとスコットランドを絶対…

『灰色の輝ける贈り物』アリステア・マクラウド

「わかってるよ、母さん」とお父さんが言う。「よくわかっているし、みんなには感謝しているよ。ただ、とにかく、同じ一族という仕組みのなかでは、もう生きられなくなっているんだよ。自分とか自分の家族とかを超えて、ものを見なきゃ。今は二十世紀なんだ…

『冬の犬』アリステア・マクラウド

[流氷のような] Alistair MacLeod, Island,2000.冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)作者: アリステア・マクラウド,中野恵津子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/01/30メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 56回この商品を含むブログ (62件)…

『イラクサ』アリス・マンロー

[日常の分岐点] Arice Manro Hateship,Friendship,Courtship,Loveship,Marriage , 2001. イラクサ (新潮クレスト・ブックス)作者: アリス・マンロー,小竹由美子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/03/29メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 32回この商品…