キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

アイルランド文学

『ケルトの神話』井村君江

「あなた方ケルト民族が、もっとも恐れるものは何でしょうか?」 巨大なたくましい体をした、ケルトの戦士たちはこう答えました。 「わたしたちは、どんな人間も恐れません。ただわたしたちが恐れるのは、空がわたしたちの上に落ちて来ないか、ということだ…

『男の事情 女の事情』ジョン・マクガハン

「これを忘れたんでね」とバーテンの無言の質問に答えて言った。その小さな素振りひとつひとつを演じることが、痛みを和らげてくれるかのようだった。——ジョン・マクガハン「僕の恋と傘」 誰にも事情はある アイルランドの苦みに刺されたいと思う時期は、冬…

『若い藝術家の肖像』ジェイムズ・ジョイス

そうだ! そうだ! そうなのだ! ——ジェイムズ・ジョイス『若い藝術家の肖像』 決定的な瞬間 どうしようもなく世界と折り合いがつかないなら、世界と自分どちらがまちがっているのかがわからないなら、『若い藝術家の肖像』を読むといいかもしれない。 本書…

『聖母の贈り物』ウィリアム・トレヴァー

雨だってたくさん降る土地柄なのだが、この土地をこの土地らしくしていたのは、雨よりも霜よりも、とにかく風だった。 ーーウィリアム・トレヴァー「丘を耕す独り身の男たち」 受け継がれる トレヴァーは「過去の重さ」を描く作家だと思う。人がなにかを思い…

『アラン島』J.M.シング

石積みのてっぺんから見渡すとほとんどすべての方角に海原が見え、北と南には海の彼方に連なる山並みが見える。見下ろせば東の方に集落があり、家々のまわりで立ち働いている赤い人影が見える。ときどき、会話や島の古い歌のきれはしが風に吹きあげられて、…

『アイルランド・ストーリーズ』ウィリアム・トレヴァー

[ああ、アイルランド] William Trevor Irerand Stories. アイルランド・ストーリーズ作者: ウィリアム・トレヴァー,栩木伸明出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2010/08/27メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 42回この商品を含むブログ (18件) を見る そ…

『密会』ウィリアム・トレヴァー

[愛は沈黙の裏に] William Trevor A Bit on the Side,2004. 密会 (新潮クレスト・ブックス)作者: ウィリアムトレヴァー,William Trevor,中野恵津子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 32回この商品を含むブログ (35…

『青い野を歩く』クレア・キーガン

[秘めた心を] Claire Keegan Walk in the blue fields,2007. 青い野を歩く (エクス・リブリス)作者: クレアキーガン,Claire Keegan,岩本正恵出版社/メーカー: 白水社発売日: 2009/12メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 84回この商品を含むブログ (25件) …

『ゴドーを待ちながら』サミュエル・ベケット

[ひますぎる] Samuel Beckett EN ATTENDANT GODOT 1952. ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)作者: サミュエルベケット,安堂信也,高橋康也出版社/メーカー: 白水社発売日: 2008/12/26メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 25回この商品を含むブログ…