読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

『ライ麦畑でつかかまえて』J.D.サリンジャー

[ぼくは行かなきゃならない]
J.D.Salinger The Catcher in the Rye ,1951.

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

キャッチャー・イン・ザ・ライ

キャッチャー・イン・ザ・ライ

「相変わらずのコールフィールドだ。いったい、いつになったら大人になるんだ?」


 アメリカの「永遠の青春小説」。
 本書の主人公、ホールデン・コールフィールドは、友人や先生、学校、女の子、まわりにいるあらゆる人々にたいして、ホールデンは何かにつけて一言物申す。「どうしようもない」だとか「だらしない」とか「がまんできない」だとか。
 もちろん、同じくらい、自分のことも言う。「弱い」「勉強が出来ない」「狂っている」などなど。……実際、彼はそのとおりで、「文武両道、かっこいいヒーロー」とはまさに対極に位置している。


 半分くらい読んだころには、文句ばかりでだんだん読むのがうんざりしてきた。何が言いたいのか、この本は? まじめに問いかけたりもした。だけど、残り3分の1くらいのところ、唯一ホールデンが悪く言わない妹フィービーとの会話あたりで、「ああそうか」と少し納得する。

 本書の題名ともなる、ホールデンの世界について。他者について考えていること。なるほど、彼は確かに周りに悪態はつくが、だからといって他者のことを本当に嫌っているわけではない。
 欺瞞、偽善、うそくささ、そういったものへのこの反発。「いんちきくさい」ものへの反発はむしろ、曲がったことをなあなあにできない純粋さからか。そう思えると、一気にホールデンへの目線がやさしくなる。なんといっても、妹フィービーが妙にかわいいので、彼女の存在だけで一読の価値はあるかと。

「ねえホールデン、友達にげっぷのやり方を教わったの。聞いてくれる?」


 翻訳についても一言。上梓当時、ホールデン・コールフィールドのぶっちゃけた若者語が、新鮮だったらしい。そのせいか、訳問題でいろいろもめる作品だ。
 野崎訳はそのブロークンな口調の雰囲気を、うまく出そうと試みているが、いかんせん言葉が古い。村上訳は現代っぽいが、村上氏の口調が前面に出ていて、こちらはこちらで論争の的になっている。両方通読してみて、どちらかといえば、「ライ麦」ぽいのは野崎訳かな、と。ホールデンの「I'm crazy」気質は、村上氏だとどこかすかした感じで、彼の持ち味をうまくいかしきれないように思う。

 規律による単純さを嫌い、無駄や脱線を愛する少年は、さてどんな大人になりたいか?

 "If a body catch a body coming through the RYE..."


recommend:
スコット・フェツジラルド『グレート・ギャツビー』 
ジャック・ケルアック『路上』 (アメリカの青春物語)