ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの感想・書評ブログ。

2011-11-29から1日間の記事一覧

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』

明日、また明日、また明日と、時は小きざみな足取りで一日一日を歩み、ついには歴史の最後の一瞬にたどりつく、昨日という日はすべておろかな人間が塵と化す死への道を照らしてきた。 消えろ、消えろ、つかの間の燈火! 人生は歩き回る影法師、あわれな役者…