ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの書評と感想ブログ。昔の名は「キリキリソテーにうってつけの日」

2008-12-31から1日間の記事一覧

ただの一日、あるいは

今の時期、暮れ時には南西に金星が見える。明けの明星とも宵の明星とも呼ばれるこの星は、たぶん千年前にもあの位置にあった。 星のめぐりにとって、2008年と2009年の継ぎ目は、何のかわりもない一日でしかない。流れめぐり続ける世界の上に、人間がグレゴリ…