ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの書評と感想ブログ。昔の名は「キリキリソテーにうってつけの日」

2019-12-29から1日間の記事一覧

『『白鯨』アメリカン・スタディーズ』巽孝之|アメリカを『白鯨』で読み解く試み

かつて、世界が鯨で廻っていた時代がありました。……鯨がすべてのエネルギー源として世界全体を作りあげ、地球全体を回転させていた時代が確実にあったのです。 ――巽孝之『『白鯨』アメリカン・スタディーズ』 私は『白鯨』が好きだ。アメリカ南部小説を読み…