ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの書評と感想ブログ。昔の名は「キリキリソテーにうってつけの日」

2013-05-06から1日間の記事一覧

『ヴェローナの二紳士』ウィリアム・シェイクスピア

プローテュース ああ、恋の春は変わりやすい四月の空に似ている、 いま、燦々と美しく輝く太陽を 見せているかと思うと、 たちまち一片の雲が現れてすべてを掻き消してしまう。——ウィリアム・シェイクスピア『ヴェローナの二紳士』 恋か友情か シェイクスピ…