ボヘミアの海岸線

海外文学/世界文学/ガイブンの書評と感想ブログ。昔の名は「キリキリソテーにうってつけの日」

2010-03-20から1日間の記事一覧

『ヴォイツェク・ダントンの死・レンツ』ゲオルグ・ビューヒナー

彼には、天に向かって握りしめた巨大な拳を突き出して神を引きずりだし、雲の中を引きずり回してやれそうな気がしてきた。世界を歯で噛み砕いて、創造主の顔に吐きつけてやれそうな気がした。 −−ゲオルグ・ビューヒナー『ヴォイツェク・ダントンの死・レンツ…