キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

2nd Anniversary

2nd anniversary -The Perfect Day for KIRIKIRI SAUTE-


 ちょうど1年前の今日、ブログ1周年をお祝いしました。確か、去年も晴れた日曜日だったように思います。

 いつも遊びに来てくれてありがとうございます。気がついたら、あっとういうまに2年目。更新回数はめっきり減ったけれど、それでも相変わらず海外文学を読んでいることにほっとしています。


 写真はチチカカ湖。ボリビア国境付近の小さな島で撮ったものです。南米文学好きが高じてうっかり南米旅行にでかけ、ばっちりアンデスの魔法にかかって帰ってきました。インカの建造物は、ありえないものがいろいろ多すぎ。魔法を使って作ったと思う方がしっくりきます。いや、本当に。

 
 最初は自分1人のために記録していた「キリキリソテー」ですが、ここ1年くらいは「海外文学おもしろいよー皆もっと読もうよー」という思いで書くようになりました。
 最近はTwitterやコメントでいろいろな人と本の話ができるようになったし、書くのを続けていてよかったなあと素直に思います(そういえば、「ふくろう男」と「キリキリソテー」の意味や変なネーミングセンスについて、2年間誰からもつっこまれなかった)。


 生来ぐうたらなもので、きちんと物事を続けられた試しがほとんどありません。水を飲むように続けているのは、ごはんを食べること、睡眠時間をきちんと取ること、歩くこと、掃除をすること、本を読むこと、手記をつけることぐらい。最近、ようやく「キリキリソテーを書くこと」も仲間に入れられるようになったかなと思えます。
 さて、今日は久しぶりによい日でした。たまにはよい子のふりをして、早く寝よう。