読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

『愚者が出てくる、城寨が見える』マンシェット

[たやすくない獲物]
Jean Patrick Manshette O Dingos, O Chateaux!,1972.

愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える (光文社古典新訳文庫)

愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える (光文社古典新訳文庫)

「なんていかれた女なんだ!」「本当にな」


 誘拐で被害者としてうってつけなのは、女性と子供であろう。犯罪者が頑強な男ならなおのこと、女性や子供は、腕力では男にかなわずに連れ去られる。たやすい獲物としての主人公ジュリーと金持ちの甥の少年ぺテール。しかしこの物語では、獲物はちっともたやすくない。むしろ、こいつらがもっとも手強い。

 フランスの「ロマン・ノワール=暗黒小説」というものがどんなものかと思って読み始めた。ハードボイルド、硬派な文体の犯罪小説の体裁だが、なぜか出てくる人間が全員いかれている。子守として雇われたジュリーは、精神病院から出てきた警察嫌い。ギャングにさらわれて逃げるのだが、その道程中は、ギャングよりやっていることがひどい。いったい何人殺したんだ、このお嬢さん。キレっぷりがすごすぎる。一方で、殺し屋は胃痛持ちで、銃を握るたびに胃が痛む。逆にこちらは、殺し屋なんかやらずに、農園やっていた方がよさそう。

 狂いっぷりのイメージとしては、こんな感じ↓。
 ジュリー(子守の女性)>慈善家>建築家=殺し屋>ギャングの下っ端>子供
と思ったら、実は子供の位置が、最後で変わる。

 小説のイメージは、題名を見ると分かるかもしれない。本題の直訳は『おお愚者よ!おお城よ!』。愚者というのは全員で、城というのはジュリーたちが逃げ込む迷宮のような家のことを指す。著者の執筆中は、『たやすい獲物』という題名だったらしい。どこがたやすいんだどこが、という、殺し屋のつっこみが聞こえてきそうだ。

 最初から最後まで、読者はある一定の距離をとらされる。犯罪被害者は、同情しようにもしきれない、犯罪者組の方がむしろあわれになってくる。かなり戯画っぽくエッジをきかせたドタバタ話という印象。それなりにおもしろかったけれど、わざわざ新訳で出すような小説だろうか。…


recommend:
荒木飛呂彦ジョジョの奇妙な冒険』…読んでいる時ずっと、ジョジョの効果音が脳内に響いていたもので。善悪の判断が一様でないところや、エッジのききっぷりは似ているような気がする。