読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

トマス・ピンチョン全小説

「トマス・ピンチョン全小説」新潮社

「かいぶつが、あらわれた」――謎の作家、トマス・ピンチョンの全集。これまで手に入りにくかった絶版本の復活、新刊などが目玉。『スローラーナー』と『競売ナンバー49の叫び』は文庫版(筑摩書房)で手に入る。


トマス・ピンチョン Thomas Pynchon
 1937年5月8日、ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。父は測量技師。16歳で高校を卒業すると、名門コーネル大学に請われて入学。工学部で応用物理学を専攻するがのちに英文科に「文転」、学業の途中でなぜか2年間の海軍生活を送ったのち最優等で卒業。その後ボーイング社に就職するも2年ほどで退社し、以後の足跡はふっつりと途絶える。文学史には1963年、第1長篇『V.』で華々しく登場、最も優れた新人作家に贈られるフォークナー賞を受賞。1984年に初期短篇集『スロー・ラーナー』が刊行されるも実質17年間沈黙する。1990年に『ヴァインランド』発表、大きな話題を呼ぶ。1997年『メイスン&ディクスン』、2006年『逆光』、2009年『インヒアレント・ヴァイス』発表。寡作ぶりは相変わらずだが、2004年には人気アニメ「ザ・シンプソンズ」に本人役で声の出演、2009年には本人出演(これまた声のみ)のネット向け新作広告がアップされ話題を振りまいた。



■全集一覧
2010.06『メイスン&ディクスン』(上・下)

2010.09『逆光』

2010.12『スロー・ラーナー』

2011.03『V.』

2011.06『競売ナンバー49の叫び』

2011.09『重力の虹』(上・下)

2011.12『ヴァインランド』

2012.03『インアヒアレント・ヴァイス』



逆光〈上〉 (トマス・ピンチョン全小説)

逆光〈上〉 (トマス・ピンチョン全小説)


スロー・ラーナー (トマス・ピンチョン全小説)

スロー・ラーナー (トマス・ピンチョン全小説)


V.〈上〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)

V.〈上〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)


競売ナンバー49の叫び (Thomas Pynchon Complete Collection)

競売ナンバー49の叫び (Thomas Pynchon Complete Collection)