キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

新潮クレスト・ブックス

新潮クレスト・ブックス


new

エリック・フォトリノ『光の子供』
イアン・マキューアン『甘美なる作戦』
ジュンパ・ラヒリ『低地』
セス・フリード『大いなる不満』
ブライアン・エヴンソン『遁走状態』
トム・マッカーシー『もう一度』
アリス・マンローディア・ライフ
ジョン・バンヴィル『いにしえの光』
ジュノ・ディアス『こうしてお前は彼女にフラれる』
松家仁之編『美しい子ども』
ペティナ・ガッパ『イースタリーのエレジー』
ネイサン・イングランダー『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』
ベルンハルト・シュリンク『夏の嘘』
ジュリアン・バーンズ『終わりの感覚』
ミレーナ・アグス『祖母の手帖』
ミハイル・シーシキン『手紙』
テア・オブレヒト『タイガー・ワイフ』
リュドミラ・ウリツカヤ『女が嘘をつくとき』
ディミトリ・フェルフルス『残念な日々』
ダニエル・アラルコン『ロスト・シティ・レディオ』
アンソニー・ドーア『メモリー・ウォール』
イアン・マキューアン『ソーラー』
ベルンハルト・シュリンク『週末』
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』
アリス・マンロー『小説のように』
ジョン・バンヴィル『無限』
ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』
ジークフリート・レンツ『黙祷の時間』
ウェルズ・タワー『奪い尽くされ、焼き尽くされ』
タチアナ・ド・ロネ『サラの鍵』
クレメンス・マイヤ『夜と灯りと』
マーカス・デュ・ソートイ『シンメトリーの地図帳』
ナム・リー『ボート』
イアン・マキューアン『初夜』
リュドミラ・ウリツカヤ『通訳ダニエル・シュタイン』
エイミー・ブルーム『リリアン
ピーター・キャメロン『最終目的地』
ジョージーナ・ハーディング『極北で』
マイケル・オンダーチェ『ディビザデロ通り』
ベルンハルト・シュリンク 『帰郷者』
ナンシー・ヒューストン『時の重なり』
ケイト・アトキンソン『博物館の裏庭で』
ジュンパ・ラヒリ『見知らぬ場所』
堀江敏幸編『記憶に残っていること』 
テス・ギャラガー『ふくろう女の美容室』
レオニード・ツィプキン『バーデン・バーデンの夏』
ウィリアム・トレヴァー『密会』
ジム・フジーリ『ペット・サウンズ』
イアン・マキューアン『土曜日』
アミタヴ・ゴーシュ『ガラスの宮殿』
イーユン・リー『千年の祈り』
アリス・マンロー『林檎の木の下で』
デイヴィッド・ミッチェル『ナンバー9ドリーム』
ルル・ワン『睡蓮の教室』
アンドレイ・クルコフ大統領の最後の恋
ヤスミン・クラウザー『サフラン・キッチン』
チャンネ・リー『空高く』
アリス・マンロー『イラクサ』
ミカエル・ニエミ『世界の果てのビートルズ
フィリップ・グランベール『ある秘密』
グレアム・スウィフト『最後の注文』
フランシス・イタニ『遠い音』
マーカス・デュ・ソートイ『素数の音楽』
ジャン=ジャック・シュル『黄金の声の少女』
デイヴィッド・ベズモーズギス『ナターシャ』
アリステア・マクラウド『彼方なる歌に耳を澄ませよ』
ジークフリート・レンツ『遺失物管理所』
ジョン・マグレガー『奇跡も語る者がいなければ』
アニータ・シュリーヴ『いつか、どこかで』
アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』
ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』
アダム・ヘイズリット『あなたはひとりぼっちじゃない』
ゼイディー・スミス『直筆商の哀しみ』
アリステア・マクラウド『冬の犬』
フランク・マコート『アンジェラの祈り』
アンソニー・ドーア『シェル・コレクター』
ジークフリート・レンツ『アルネの遺品』
リュドミラ・ウリツカヤ『ソーネチカ』
アリステア・マクラウド『灰色の輝ける贈り物』
カミーユ・ロランス『その腕のなかで』
レナーテ・ドレスタイン『石のハート』
グレアム・スウィフト『ウォーターランド』
チャンネ・リー『最後の場所で』
ベルンハルト・シュリンク『逃げてゆく愛』
T・E・カーハート『パリ左岸のピアノ工房』
アニータ・シュリーヴ『パイロットの妻』
ジョン・ランチェスター『最後の晩餐の作り方』
イアン・マキューアン『愛の続き』
ナンシー・ヒューストン『天使の記憶』
ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』
ベルンハルト・シュリンク『朗読者』
チャールズ・フレイジャーコールドマウンテン
スーザン・アレントウス『ブルーミング』
バリー・ハナ『地獄のコウモリ軍団』
キラン・デサイ『グアヴァ園は大騒ぎ』
ブレイク・モリソン『あなたが最後に父親と会ったのは?』
ゾエ・イェニー『花粉の部屋』
エリザベス・マクラッケン『ジャイアンツ・ハウス』
ジャイルズ・フォーデン『スコットランドの黒い王様』
イアン・マキューアン『アムステルダム』
ケイト・サマースケイル『ネヴァーランドの女王』
エリザベス・ギルバート『巡礼者たち』
ミック・ジャクソン『穴掘り公爵』
ジョン・L・キャスティ『ケンブリッジクインテット
ジュノ・ディアズ『ハイウェイとゴミ溜め』
フランク・マコート『アンジェラの灰』
キャスリン・ハリソン『キス』
エリック・フォスネス・ハンセン『旅の終わりの音楽』