キリキリソテーにうってつけの日

海外文学/世界文学の感想ブログ。

☆☆☆☆

『ロクス・ソルス』レーモン・ルーセル

再び切子面の前に立った私たちは、緋色の軽い丸い玉が水中に落ち、ゆっくり沈んでゆくかと思うと、突然、肌がばら色で、毛のない例の動物が、それを通りすがりに飲みこむのを見た。カントレルは、この動物は、すっかり毛を抜き去った本物の猫で、コン=デク…

『白檀の刑』莫言

[悲喜こもごも] 莫言 檀香刑 ,2001. 白檀の刑〈上〉作者: 莫言,吉田富夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2003/07メディア: 単行本 クリック: 34回この商品を含むブログ (20件) を見る 白檀の刑〈下〉作者: 莫言,吉田富夫出版社/メーカー: 中央公論新社…

『ボディ・アーティスト』ドン・デリーロ

計画を立てることで、時間を組織化する、自分が再び生きられるようになるまで。——ドン・デリーロ『ボディ・アーティスト』 放心と回復 時々、まっ白い部屋にひとり立ちつくしているような感覚に陥ることがある。心と体がうまくつながっていない状態、自身の…

『イカロスの飛行』レーモン・クノー

イカロス ぼくの時代には、令嬢は青年に恋を打ち明けたりしなかったもんだが。 アデライード 近代小説にはそういうことも書いてありますわ。 イカロス ああ、ぼくは読者というより読まれる方なんで。——レーモン・クノー『イカロスの飛行』 空を目指した ウリ…

『顔のない軍隊』エベリオ・ロセーロ

「気をつけたほうがいいわ、先生。村が誰の支配下にあるのか、いまだに不明なんだから」 「誰の支配下だろうと、別に変わりゃしないさ」——エベリオ・ロセーロ『顔のない軍隊』 この世の煉獄 少々、ぶっそうな想像をしてみよう。例えば、つるつる顔ののっぺら…

『ジプシー歌集』フェデリコ・ガルシア・ロルカ

緑色わたしの好きな緑色。 ジプシーの月の下で 物みな娘を見つめているが、 娘にはそれらを見ることができない。 ――フェデリコ・ガルシア・ロルカ「夢遊病者のロマンセ」 緑の風よ ここ数日、強い風が桜の花びらをまきあげながら坂をかけおりるのを眺めてい…

『塩の像』レオポルド・ルゴーネス

というのも、これは疑いもなく、世にも稀な光景だからである。白熱した銅の雨! 炎に包まれる街! ——レオポルド・ルゴーネス『塩の像』 黙示録の光 先日の飲み会で、「バベルの図書館」の話が出たので、「バベルの図書館」シリーズについて書こうと思う。「…

『ハルムスの世界』ダニイル・ハルムス

作家「私は作家だ」 読者「私の考えでは、あんたはくそったれだ」 (作家は何分間か立ちつくし、この新しい考えに衝撃を受けて、死人のようにパタンと倒れる。作家は運び出される) ——ダニイル・ハルムス『ハルムスの世界』 ねえ、あなた狂ってますよ しまっ…

『新ナポレオン奇譚』G.K.チェスタトン

「ひげ剃りですか、旦那?」芸術家は店の中から尋ねた。 「戦いです」とウェインは、戸口に立ったまま答えた。 「何ですって?」と鋭く相手は言った。 「戦いです」とウェインは、熱をこめて言った。——G.K.チェスタトン『新ナポレオン奇譚』 狂った世界の肯…

『オレンジだけが果物じゃない』ジャネット・ウィンターソン

[母は狂信者] Jeanette Winterson Oranges Are Not the Only Fruit,1985.オレンジだけが果物じゃない (文学の冒険シリーズ)作者: ジャネットウィンターソン,Jeanette Winterson,岸本佐知子出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2002/07メディア: 単行本購入…

『ゴーレム』グスタフ・マイリンク

[さまよう路地裏] Gustav Meyrink Der Golem,1916.ゴーレム (白水Uブックス 190)作者: グスタフマイリンク,今村孝出版社/メーカー: 白水社発売日: 2014/03/12メディア: 新書この商品を含むブログ (8件) を見る 「ぼくらは単純に自分の自由意思で行動してる…

『サラゴサ手稿』ヤン・ポトツキ

[異形だらけの千夜一夜] Jan Potocki Manuscrit trouve a Saragosse,1804? 世界幻想文学大系〈第19巻〉サラゴサ手稿 (1980年)作者: 荒俣宏,紀田順一郎,J.ポトツキ出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 1980/09メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含む…

『わたしは英国王に給仕した』ボフミル・フラバル

[わたしは給仕した] Bohumil Hrabal Obsluhoval Jsem Anglickeho Krale,1971. わたしは英国王に給仕した (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集)作者: ボフミル・フラバル,阿部賢一出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2010/10/09メディア: 単行本購入…

『暗夜』残雪

[夜は明けない] CanXue An Ye,2006.暗夜/戦争の悲しみ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-6)作者: バオ・ニン,残雪,近藤直子,井川一久出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/08/09メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 79回この商品を含むブログ (28…

『コスモス』ヴィルド・ゴンブロヴィッチ

[ベンベルグ] Witold Gombrowicz Kosmos,1965. コスモス―他 (東欧の文学)作者: ヴィトルド・ゴンブロヴィッチ,工藤幸雄出版社/メーカー: 恒文社発売日: 1990/03メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 28回この商品を含むブログ (9件) を見る 「わしにいわせ…

『木のぼり男爵』イタロ・カルヴィーノ

[ひとりぼっちの王国] Italo Calvino Il Barone Rampante,1957. 木のぼり男爵 (白水Uブックス)作者: イタロカルヴィーノ,Italo Calvino,米川良夫出版社/メーカー: 白水社発売日: 1995/08メディア: 新書購入: 3人 クリック: 17回この商品を含むブログ (31件…

『バラバ』ラーゲルクヴィスト

[信じない] Par Fabian Lagerkvist Barabbas,1950. バラバ (岩波文庫)作者: ラーゲルクヴィスト,P¨ar Lagerkvist,尾崎義出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1975/12/16メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 26回この商品を含むブログ (3件) を見る ――なぜ、祈…

『虫の生活』ヴィクトル・ペレーヴィン

[君らは虫だ] Виктор Олегович Пелевин Жизнь насекомых,1995.虫の生活 (群像社ライブラリー)作者: ヴィクトルペレーヴィン,吉原深和子出版社/メーカー: 群像社発売日: 1997/12メディア: 単行本 クリック: 26回この商品を含むブログ (12件) を見る 「すげ…

『問いの書』エドモン・ジャベス

[砂漠の言葉] Edmond Jabes Le Livre des Questions、1963. 問いの書 (叢書 言語の政治)作者: 鈴木創士,エドモン・ジャベス,Edmond Jabes出版社/メーカー: 書肆風の薔薇発売日: 1988/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (3件)…

『コリオレーナス』ウィリアム・シェイクスピア

[目的なき英雄] William Sharekspeare The Tragedy of Coriolanus,1623.シェイクスピア全集 (〔31〕) (白水Uブックス (31))作者: ウィリアム・シェイクスピア,小田島雄志出版社/メーカー: 白水社発売日: 1983/01メディア: 新書 クリック: 3回この商品を含…

『グアテマラ伝説集』アストゥリアス

[鉱物、あるいは古酒] Miguel Angel Asturias Leyendas De Guatemala,1930. グアテマラ伝説集 (岩波文庫)作者: M.A.アストゥリアス,牛島信明出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/12/16メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 24回この商品を含むブログ (17…

『一つ半の生命』ソニー・ラブ・タンシ

[地獄だ! 地獄だ!] Aony Labou Tnasi La Vie et Damie,1979. 一つ半の生命作者: ソニーラブ・タンシ,Sony Labou Tansi,樋口裕一出版社/メーカー: 新評論発売日: 1992/04メディア: 単行本 クリック: 24回この商品を含むブログ (1件) を見る ……<地獄>の文…

『アレクサンドリア四重奏』ロレンス・ダレル

[愛、この一言が] Laurece Darrell The Alexandria Qualtet,1957-1962. アレクサンドリア四重奏 1 ジュスティーヌ作者: ロレンス・ダレル,高松雄一出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2007/03/17メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 81回この商品を含…

『白鯨』ハーマン・メルヴィル

[世界は鯨] Herman Melville Moby-Dick; or, the Whale、1851.白鯨 上 (岩波文庫)作者: ハーマン・メルヴィル,八木敏雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2004/08/19メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 148回この商品を含むブログ (63件) を見る白鯨 中 (岩…

『わが町』ソーントン・ワイルダー

[平凡な日々] Thornton Wilder Owr Town,1938.ソーントン・ワイルダー〈1〉わが町 (ハヤカワ演劇文庫)作者: ソーントンワイルダー,Thornton Wilder,鳴海四郎出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/05メディア: 新書購入: 7人 クリック: 44回この商品を含む…

『ニーベルンゲンの歌』

[意味もなく皆殺し] Das Nibelungenlied,13c.ニーベルンゲンの歌〈前編〉 (岩波文庫)作者: 相良守峯出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1975/01メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (21件) を見るニーベルンゲンの歌〈後編〉 (岩波…

『肉桂色の店』『砂時計サナトリウム』ブルーノ・シュルツ

[グロテスクなのに美しい] Bruno Schulz Skeipy Cynamonowe,1934. Sanatorium pod klepsydra,1937.シュルツ全小説 (平凡社ライブラリー)作者: ブルーノシュルツ,Bruno Schulz,工藤幸雄出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2005/11メディア: 単行本購入: 3人 ク…

『密会』ウィリアム・トレヴァー

[愛は沈黙の裏に] William Trevor A Bit on the Side,2004. 密会 (新潮クレスト・ブックス)作者: ウィリアムトレヴァー,William Trevor,中野恵津子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 32回この商品を含むブログ (35…

『井伏鱒二全詩集』井伏鱒二

[サヨナラダケガ] 井伏鱒二全詩集 (岩波文庫)作者: 井伏鱒二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2004/07/16メディア: 文庫購入: 13人 クリック: 97回この商品を含むブログ (38件) を見る 井伏鱒二の『厄除け詩集』は、学生にとって災厄である。井伏の言葉は、…

『島とクジラと女をめぐる断片』アントニオ・タブッキ

[難破船のような物語の断片] Antonio Tabucchi Donna di Porto Pim,1983. 島とクジラと女をめぐる断片作者: アントニオ・タブッキ,須賀敦子出版社/メーカー: 青土社発売日: 2009/12/24メディア: 単行本 クリック: 17回この商品を含むブログ (7件) を見る …